リスティング広告(検索広告)の理想的な平均クリック率

0からのリスティング広告







リスティング広告(検索広告)を出稿する上で、どれほどのクリック率を目指せば良いのでしょうか。今回はリスティング広告(検索広告)の平均クリック率について記述します。

平均クリック率とは

そもそも平均クリック率とは何でしょうか。
平均クリック率は以下の方程式で成立します。

平均クリック率
=クリック数/広告表示回数

つまり、キーワードを検索したユーザーがどれくらいの確率で広告文をクリックするかを表しています。
このクリック率は、選定したキーワードと広告文のタイトルとの関連性、キャッチコピーで規定されてきます。

理想的な平均クリック率

それでは理想的なクリック率の相場はどれくらいなのでしょうか。
ディスプレイ広告を抜きにした検索広告のみでのクリック率は、だいたい1〜5%ほどの間に収まるのではないでしょうか。
1%を下回ってしまうと、ややクリック率が悪いと言えるので、広告文の改善やキーワードの選定をやり直す必要が出てきます。
今回ディスプレイ広告のクリック率を外して考慮した理由は、ディスプレイ広告のクリック率の基準が1桁〜2桁小さい値になるからです。
合算して計算してしまうと基準として正確な値が出せなくなってしまうので、今回はリスティングの検索広告のみについて考察しています。

平均クリック率の向上を目指す

平均クリック率は高い方が良いと言われています。
理由はgoogleやyahoo!などの広告媒体の収益構造と関係しています。
広告媒体は、基本的にクリック保証課金の形式をとっているので、クリック率が悪い広告主がいると収益が悪化してしまします。
また、クリック率が低いということは何かしらのミスマッチが起きているということなので、検索エンジン自体のユーザー体験の低下を招くことになってしまいます。
したがって、クリック率の低い広告出稿者に対しては、「品質スコアを下げる」=「出稿コストが上がる」等の負のインセンティブを与えることで、広告出稿者全体のクリック率をモチベートしていると言えます。

平均クリック率の上げ方

それでは実際にクリック率をあげるにはどうしたら良いのでしょうか。
以下の項目を見直すことで、クリック率を大幅に向上させることが可能となります。

  • 広告文とキーワードの関連性を高める(キーワードを広告文に含める)
  • 絞り込み部分一致を多めに使う
  • 完全一致を多用する
  • 広告表示オプションで使えるものは全て使う
  • 広告文でパスを使う
  • 掲載順位を見直し、単価を調整する

特に完全一致を多用することができれば、かなり全体の平均を引き上げることにも繋がりますので、検索クエリを見ながら、完全一致をうまく取り入れることをお勧めします。

リスティング広告をご検討の方へ

リスティング広告は運用者によって全く異なるパフォーマンス・投資対効果となる場合があります。
極端な話、1件の問い合わせを得るのに2倍〜3倍以上の広告コストの違いが生まれることもよく目にします。
そこで、リスティング広告でお悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

  • リスティング広告を自分でやってみたけどうまくいかない、、、。
  • リスティング広告のやり方がわからないけどweb集客を行いたい、、、。

自分で運用してみたい気持ちも大変よくわかります。
しかし、人件費、効率性を考えるとリスティング広告のプロに任せた方が結果的に費用対効果がよくなる場合が多々あります。
筆者はどこよりも手数料が安く、また、パフォーマンスの良い運用を行なっておりますので一度こちらの資料をみてみてください。
貴社の収益性が大きく改善する可能性があります。

プロが運用する格安リスティング広告運用代行の資料はこちら