Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

SSL化(httpsへの変更)はSEOに影響を及ぼすのか?

time 2017/09/23

SSL化(httpsへの変更)はSEOに影響を及ぼすのか?

最近、話題になっているSSL化SEO対策の関係について今回は解説していきたいと思います。

sponsored link

SSL化とは?

そもそもSSL化とは何か?という疑問に対してまずはお答えしていきます。

世の中にあるWebサイトのURLをよく見てみて下さい。実は始まりが「http:〜」から始まるものと「https:〜」で始まる2通りあるはずです。この「https」から始まっているサイトがSSL化されたサイトになります。

SSL(Secure Sokets Layer)はインターネット上でデータを暗号化して送受信しています。主にサイトを閲覧しているユーザーとサーバ間のデータの送受信で用いられます。この送受信時にデータを暗号化して送るのがSSL。暗号化しているので第三者から情報を盗まれるリスクが軽減されます。

実は、昔からECサイトなどの個人情報を入力するページでは(住所やクレジットカード情報を入れる購入画面など)SSL化されているサイトが多くありました。しかし、近年話題になっているのは常時SSLといって、サイト全体をこのSSL化にするということになります。

SSL化とSEOの関係は?

さぁ本題になりますが、SSL化とSEOの関係はどうなっているのかという話です。非常に多くの方から質問を受けます。

結論としては、SSL化はSEO対策をする上で有利に働きます。

実はGoogleが公式に、SSL化しているサイトを優遇すると明言しています。SSL化しているかどうかを検索順位の判断基準にするというわけです。

SEO対策として今すぐSSL化すべきか?

SSL化することでSEOに影響があることは間違いありません。しかし、注意しなければならないのがきちんとSSL化できるのか?という点です。http:〜で始まるサイトがhttps:〜に変わるわけです。当然URLが変更されていますので、今までと同じ住所ではありません。リダイレクションなどの正しい設定で移行を実行できるかが重要になります。

また、コンテンツの中身の重要性に比べればSSL化が及ぼす影響はさほど大きくないと言われています。SEO対策の土台をしっかり固めていないうちに、焦ってSSL化を試みて正しく移行の設定ができず、サイトへのアクセス数が減少してしまっては本末転倒です。

SSL化がSEOに影響を及ぼすことは間違いありませんが、まずは優先度の高いSEO対策から行うことが重要でしょう。

SSL化とSEO対策についてのまとめ

SSL化はSEO対策をする上で有利に働きます。ただ現状ではさほど大きな影響があるとは言えません。

しかし、SEO対策を行う上で無視できないのがSSL化であります。今後もSSL化の流れは加速していきますし、Googleの判断基準に占めるSSL化のウエイトが高まる可能性は否定できません。

ただ、焦ってSSL化することはありません。まずは自分のサイトの現状を把握し、優先順位の高いSEO対策の施策から実行していきましょう。

sponsored link




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link