Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

リスティング広告開始初期は「徐(しず)かなること林の如く」(風林火山)

time 2017/10/12

リスティング広告開始初期は「徐(しず)かなること林の如く」(風林火山)

リスティング広告を自社で初めたばかりなどの際には、表示回数が少なかったり、クリックがされていなかったり、色々と不安になることが多いと思います。

 

sponsored link

リスティング広告開始数日は右往左往しない

開始当初は、気になって設定をこまめに変更したくなることがあると思います。

しかし、そこはどんと構えて動きが出てくるのを待ちます。(24h〜48hほど)出稿開始当日は少なくとも設定の反映に時間がかかったり、一日の予算を均等に消化するように設定されているので、動きが見えなかったります。

したがってこの段階で、表示回数が少ないからと言って単価をあげてしまったりすると、コンバージョン単価に悪影響を及ぼす可能性があります。

上限クリック単価は低めに設定

広告開始当初は表示が少なかったりしますが、上限クリック単価は控えめに設定し、じっくり待つことをお勧めします。最初の段階では、設定の最適化がされておらず、キーワードの除外設定やデモグラフィックのターゲティングの調整もしていない段階なので、下手に上限クリック単価をあげてしまうと想定外の顧客へのリーチに予算を消化してしまう可能性があるためです。

除外設定やターゲティング設定を徐々に狭めてゆき、コンバージョンが取れる層が見てた部分にピンポイントに資金を投下し、低単価でハイパフォーマンスを目指すことをお勧めします。

リスティング広告運用初期は「徐(しず)かなること林の如く」

「徐(しず)かなること林の如く」は風林火山の「林」の部分ですが、まさに初期の段階はじっくりと準備を固めます。

準備を整え(コンバージョンが取れるキーワード、クリックされやすいキーワード等の様子見)、林のように静寂整然と攻める機会(資金を投下する)がやってくるのをまち、コンバージョンが取れることがわかった属性(キーワード、年齢、性別、広告文)へ一気攻めるという、まさに「徐(しず)かなること林の如く」待ち、「侵略すること火の如く」攻める戦略が広告市場でも有効になります。

sponsored link




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link