Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

ウィリアム・ギャンから経営を学ぶ

time 2017/10/17

ウィリアム・ギャンから経営を学ぶ

ウィリアム・ギャンという方をご存知でしょうか。株式投資で結果を残した方なのですが、そのエッセンスは経営にも通じるところがあったのでご紹介したいと思います。

sponsored link

ウィリアム・ギャンとは

本名をWilliam Delbert Gannといい、1878年6月6日に生まれたアメリカ合衆国の天才的な投資家です。52年間のトレーディングで当時のドルで、5000万ドル稼いだとの話もあります。書籍も多数出されており、中でも「伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」 (小学館文庫)」は私も読んだのですが、株式投資において、いかに資金を守るかのルールやエッセンスを学べる内容となっていました。

「ギャンの価値ある28のルール」が有名

ウィリアム・ギャンは株式投資において、以下の28のルールを作り上げています。これらを守ることで株式投資において大切な資金を守ることが出来ると言っています。

  1. 資金の1/10以上損失が出るような掛け方はしない。
  2. 毎度ストップロス・オーダーを置け。
  3. 過剰な売買をしない。資金配分を守る。
  4. トレーリングして利幅を増やす。
  5. トレンドに逆らわない。
  6. 迷ったらトレードしない。
  7. アクティブなマーケットでのみ取引する。揉み合いには手を出すな。
  8. 1銘柄に全力投入なんてしない。2~3銘柄でリスクを分散する。
  9. 指値注文はせず、成行のみで取引すること。
  10. 充分な理由がないのに手仕舞わない。
  11. トレードで儲けた黒字分は別に分けて管理すること。
  12. スキャルピングはしない。
  13. ナンピンはしない。
  14. 耐えよ。焦るな。
  15. 小さな利益と大きな損失を避けよ。
  16. ストップロス注文を置き、これをキャンセルしない。
  17. 頻繁な売買は避ける。
  18. 空売りも有効に使え。
  19. 値頃感で取引しない。
  20. ピラミッディングはレジスタンスやサポートをブレークしてからすること
  21. トレンドが明確な時だけピラミッディングする。
  22. ヘッジの両建てはするな。
  23. 十分な理由がなければポジションを決済してはいけない。
  24. 儲けた後は、取引量を減らす。
  25. 相場の天井/底を推測しない。
  26. 他人の意見には従うな。自分で研究せよ。
  27. 損失が出た後は取引量を減らせ。
  28. 間違ったポジションメイク・間違った決済をしない。

ウィリアム・ギャンから経営を学ぶ

伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」 (小学館文庫)」の書籍にある、ウィリアム・ギャンの名言で、経営にも活かせるものがあったのでご紹介します。

「人生が与えてくれるものは、自分が人生に与えたものに他ならならい。自分がタネを巻いたものだけを刈り取るのだ。知識を得るために時間と金を費やし、知るべき全てのものを知り尽くしたなどと驕らず、向学心を絶えず持つこと。そのような人こそが投資と投機で成功を手にするのだ。」

株式相場では過去に買った株が上昇し、今利益がある、という「タネを蒔く。」=>「現実になる。」というステップがあり、また、その銘柄選定等への過去の知識への投資が利益になっていると言えると思います。逆に言えば、利益でも損失でも言えますが、過去に巻いたタネからなるものであり、その巻いたタネからしか刈り取ることができないということになります。会社経営や事業運営でも同様のことを言うことができ、過去に蒔いたタネが今実っているからこそ今、会社に利益が生まれており、会社仕組みが回っているのだということができると考えられます。逆に言えば、未来に大きな利益をもたらしたいのであれば、今すぐに将来刈り取るためのタネを巻いておかなければ、いけないということを再認識できる言葉であるように感じられます。また、

「知識を得るために時間と金を費やし、知るべき全てのものを知り尽くしたなどと驕らず、向学心を絶えず持つこと。」

という言葉からも、結果を出す人物に共通するエッセンスを感じ取れました。

伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」 (小学館文庫)

上記の内容は、「伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」 (小学館文庫)」の書籍から引用しております。
こちらの書籍は株式投資よりの内容ですが、最後の方に出てくる考え方などは、企業経営においても、学びがあると思うので、株式投資をしている経営者さまなどには一石二鳥でお勧めです。

伝説の株必勝法「W.D.ギャンの28鉄則」 (小学館文庫)

sponsored link




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link