Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

孫正義社長から学ぶ行動力(1)

time 2017/10/29

孫正義社長から学ぶ行動力(1)

ソフトバンクグループの孫正義社長は経営に携わっている方であれば知らない人はいないと言えるほどのtopレベルの経営者ですが、先日、ブルームバーグでのインタビューで興味深いものがあったのでご紹介したいと思います。

sponsored link

藤田田社長の本との出会い

藤田田社長は日本マクドナルドの社長ですが、当時から経営に関する複数の書籍を出されています。
当時16歳だった孫正義社長はその本に出会い、素晴らしい本だと感銘を受けたようです。
そこで、藤田田社長の本は素晴らしい。「だから本を書いた人も素晴らしいに違いない。」と考え、当時16歳の孫正義社長は当時日本マクドナルドの社長藤田田氏と面会をしたいと考えました。

藤田田社長への60回に渡る電話

なんとしても藤田田社長に会いたいと考えた孫正義社長は、面会を実現させるため、藤田氏のアシスタントに電話をかけたそうです。
名前を名乗り、学生ということも伝え、社長と面会させていただきたいと伝えました。
しかし、アシスタントには「学生とは合わないと思います。」と言われましたが、16歳の彼はこう切り返したそうです。

「あなたが決めることじゃない、社長に決めさせてください。」

普通の人であれば、この時点で、わかりました折れそうですが、さらに別のアシスタントへも電話をしてなんとか面会を実現しようとしたと言っています。
当時の長距離電話は高額でしたが、60回〜100回ほどは電話をしたそうです。
すでにこの時点でも孫正義社長のこの行動力には感銘を受けます。
しかし、電話では取り合ってもらえなかったようです。そこで孫正義社長がとった行動は。。。

 

「孫正義社長から学ぶ行動力(2)」へ続く

sponsored link




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link