Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

広告運用前のシミュレーションの算出方法(1)

time 2017/11/09

広告運用前のシミュレーションの算出方法(1)

広告運用前にどれくらいで問い合わせが一件取れるかのシミュレーション方法についてご紹介します。
あくまでも推算なので、参考程度のシミュレーションとして検討してください。

sponsored link

前提条件をセットする

今回はゴールを問い合わせ数(コンバージョン数)と問い合わせ単価(コンバージョン単価)としてシミュレーションを行います。
そこでまずは以下を仮定してゆきます。

予算を仮定する

まずは予算を仮定します。月間で割くことのできる予算です。
今回は10万円と仮定します。

・月間広告予算:100,000円

平均クリック単価を仮定する

次に平均クリック単価を仮定します。
クリック単価は、キーワードプランナーでざっくりと算出することができます。
例えば、「ホームページ 依頼」キーワードでのキーワードプランナーでの推奨クリック単価は419円となっております。
これだけでなく、関連してくるキーワードを一通り見た上で全体的なクリック単価の費用感を算出します。
この費用感よりも平均クリック単価は低めになる傾向があるので、これらの単価の80%ほどで平均クリック単価を設定します。
今回はホームページ制作のリスティングをかける場合を想定しているので、430円くらいがキーワードプランナーで見た主要キーワードの平均だとします。
そのキーワード平均単価の80%を今回の平均クリック単価に設定します。今回は計算しやすいように350円で設定します。「ホームページ制作」はレッドオーシャンになっているので、実際はもう少し高騰していますが、、。

・平均クリック単価(CPC):350円

※平均CPCは通常ビックワードに比べ安くなります
※価格は競合に依存します。

サイトのコンバージョンレートを仮定する

サイトのコンバージョンレートとは、対象のサイトにユーザーを流し込んだ際に何人が問い合わせに至るか(コンバージョンするか)の割合を意味しています。
例えば100人流し込んだところ、3名が問い合わせた場合は、、コンバージョンレートは3%となります。

・コンバージョンレート(CVR):2%
(=100人アクセスした際の問い合わせがおこる確率)

※業種、業態、単価にもよりますが通常1~5%に収まります。
※CVRはLP/サイトデザインに依存します。

これらの仮定した数値を元にシミュレーションに入っていきます。
シミュレーション方法はこちらをご覧ください。

広告運用前のシミュレーションの算出方法(2)

sponsored link




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link