Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

広告運用前のシミュレーションの算出方法(2)

time 2017/11/09

広告運用前のシミュレーションの算出方法(2)

広告運用前のシミュレーションの算出方法(1)

「広告運用前のシミュレーションの算出方法(1)」記事の続きです。「広告運用前のシミュレーションの算出方法(1)」では、仮定を行い、セットする基準値を設定しました。今回はそれらの値を元に各種KPIを算出してゆきます。

sponsored link

仮定した前提条件よりシミュレーションを行う

・総クリック数の算出

総クリック数の算出
=運用額/平均クリック単価
=100,000円/350円
=285(クリック)

・問い合わせ数の算出

問い合わせ数の算出

=クリック数×コンバージョンレート(CVR)
=285クリック×2%
=5.7(件)

・問い合わせ単価(CPA)の算出

問い合わせ単価(CPA)の算出

=運用額/CV数(問い合わせ数)
=100,000円/5.7件
=17,500(円)

ここで一件問い合わせを得るのにかかる費用が出てきます。
=17,500円

・広告表示回数の算出

広告表示回数の算出
=クリック数/クリック率(2%で計算)
=285/2%
=14,285回

このようにそれぞれの値を推算することができます。

シミュレーション結果

したがって、今回のシミュレーションとしては、10万円の資金を広告に投下した際に、前ページでの仮定値が成立したとすると、問い合わせ数は5.7件となることが予測できます。また、問い合わせを得るのにかかるコストは、1件あたり、17,500円となります。これらはあくまでも参考値ですが、全く予測せずに広告を始めるよりはある程度の基準を持ってスタートした方が計画的に運用が行える思いますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

sponsored link




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link