Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

内部対策におけるソースコードの重要性とは?効果的なSEO対策!

time 2017/11/11

内部対策におけるソースコードの重要性とは?効果的なSEO対策!

SEO対策を行う上でも無視できないのが、内部対策であります。その内部対策において土台になるのが自分のサイトを作っているソースコードです。

このソースコードが適切な書かれ方をしていないのに小手先の対策ばかり実行してもなかなか成果は出ません。

今回はSEO対策におけるソースコードの重要性についてご説明します。

sponsored link

なぜSEO対策でソースコードが重要なのか?

結論から申し上げると、シンプルに「見やすいサイトにするため」にソースコードが見直す必要があります。

この見やすいサイトというのは、自分のサイトを訪れてくれるユーザーはもちろん、検索エンジンからも見やすくなければなりません。

Googleの検索エンジンは、ロボットで世の中に存在しているサイトを巡回しています。そこで、ソースコードにエラーがあったり見にくかったりすると、ロボットは最後までサイトを見ずに帰ってしまいます。

つまり、ソースコードに何らかの問題があるとサイトの評価が下がり、検索順位は落ちてしまいます。

SEO対策に好ましいソースコードとは?

それでは、SEO対策に好ましいソースコードとはどのようなものなのでしょうか?

  1. きれいなHTML記述
  2. 必要なHTMLタグを少なくする

ことが重要になってきます。

きれいなソースコードにするためにもエラーチェックは欠かせません。見た目が崩れていたり、画像の非表示等のエラーはもちろん回避する必要がありますし、見た目だけではわからないエラーも見逃さないように気をつけます。

また、シンプルでスリムなソースコードにするためにも、HTML内にやたらと長いCSSやJavaScriptなどの情報が書かれているとソースコードを占領してしまいます。やむ得ず使用したい場合は、外部ファイル化などをして本来のHTMLファイルのソースはスリムなままにしましょう。

自分のサイトのソースコードを確認

自分のサイトのソースコードを確認してみましょう。シンプルで見やすいものになっているか。検索エンジンのロボットから見て読みやすいきれいなコードになっているか確認しましょう。シンプルできれいなソースコードの特徴として

  • 文字比率が多い
  • エラーはほとんどない
  • 文字装飾等は、外部ファイル化
  • 余計なタグや不必要なタグはない

ことなどが挙げられます。

自分のサイトのソースコードには、シンプルにできる箇所はないか、修正できる点はないか確認してみましょう。

sponsored link




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link