のれん代とは

株式投資







のれん代とは

のれん代とは、企業が買収を行った際に、買収される側の純資産と買収額との差額になります。

例えば、A社がB社を買収した際に、A社の貸借対照表に

「のれん代 1000億円」

と記載されていた場合を想定します。

そののれん代が資産の部に計上されていた場合は、A社はB社の純資産よりも1000億円高くB社を買収したことを意味します。

一方、負債の部に「のれん代 1000億円」の記載があった場合は、A社がB社の純資産よりも1000億円安くB社を買収したことになります。

投資家目線でののれん代の考え方

株式投資を行う上で、注目している企業の貸借対照表の無形固定資産の部にのれん代の項目があった場合は、その企業の利益との規模感をまず考えます。

仮にのれん代が1000億円なのに営業利益が200億円しかない企業の場合は、人間に例えると、年収が500万円の人が、2500万円の家を購入していることと同じように考えられます。つまりこの場合は、この情報のみを考えると、身の丈を超えた購入を行っていると言える可能性があります。

このようにのれん代に関しては、規模感を意識した読み方を行い、詳細の情報を掘り下げてゆく流れがよろしいかと思います。