Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

Googleアナリティクスの初期設定方法!SEO対策に必須の分析ツール

time 2017/12/02

Googleアナリティクスの初期設定方法!SEO対策に必須の分析ツール

SEO対策を行う上で、必須の分析ツールの1つがGoogleアナリティクスです。

このGoogleアナリティクスはGoogle社が無料で提供しているアクセス解析ツールになります。自分のサイトを訪れているユーザーの属性(男女比、年齢構成など)や流入チャネル(SEOなのかSNSからなのか)などの情報が一目瞭然です。

SEO対策に限らず、WEBサイトを運営する上では必須のツールになります。しかし、初期設定の方法がよくわからないという声も聞きますので、今回簡単にご紹介します。

sponsored link

ステップ①Googleアカウントの登録

Googleアナリティクスを使うためには、Googleのアカウントが必要です。

Googleアカウントをすでに持っている方はログインをして下さい。持っていない方は登録をして下さい。

ステップ②Googleアナリティクスの登録

Googleアカウントを作成したら、Googleアナリティクスの登録画面へ進みましょう。右側の「お申し込み」ボタンをクリックします。

アカウント名

アカウント名を入力します。サービス名、会社名、個人名など、管理しやすい名前をつけることをオススメします。複数のアカウントを管理する場合、アカウント一覧で探しやすいようにわかりやすい名前にしましょう。後から変更することも可能です。

ウェブサイト名

Googleアナリティクスを導入するWEBサイトの名前を入力しましょう。後から変更することも可能です。

WEBサイトのURL

WEBサイトのURLを入力しましょう。「http://」または「https://」を選択します。URL末尾のスラッシュは不要です。

業種

最も自分のサイトの内容に近い業種を選択します。選択した業種に合わせてカスタマイズされます。

レポートのタイムゾーン

レポートのタイムゾーンを選択します。国内で使用されるウェブサイトであれば「日本」を選択しましょう。ここで選択されたタイムゾーンが1日の区切として使用されます。

データ共有設定

データを共有したくない項目があればチェックを外します。特にこだわりがなければ推奨のままで問題ありません。

ステップ③トラッキングコードの設置

Googleアナリティクスに登録しましたら最後のステップになります。WEBサイトにトラッキングコードを設置しましょう。

以下のステップで上の画像が表示されます。

  1. 左下の管理ボタンをクリック
  2. プロパティのトラッキング情報をクリック
  3. トラッキングコードをクリック

こちらに表示されているトラッキングコードをコピーします。
<!– Global site tag (gtag.js) – Google Analytics –>から</script>まで全てコピーします。

コピーしたトラッキングコードは、WEBサイトの全ページのHTMLに貼り付けます。HTMLの<head>タグの直後に貼り付けましょう。

コードを貼り付けたあとは、データが取れているか確認しましょう。レポートにWEBサイトのデータが反映されるまで、24時間ほどかかる場合がありますのでご注意下さい。

sponsored link




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link