サーチコンソールの初期設定方法!SEO対策に必須の分析ツール

サーチコンソール設定方法 SEO対策







SEO対策を行う上で、必須の分析ツールの1つがサーチコンソール(ウェブマスターツール)です。

このサーチコンソール(ウェブマスターツール)はGoogle社が無料で提供しているアクセス解析ツールになります。

  • サイトのクロール状況やインデックス状況の確認
  • サイトへのリンクの確認
  • 検索キーワードの確認

などの情報が一目瞭然です。

このサーチコンソール(ウェブマスターツール)ですが、初期設定の方法がよくわからないという声も聞きますので、今回簡単にご紹介します。

ステップ①サーチコンソールアカウントの登録

サーチコンソールにアクセスし、アカウントを取得します。

自分のGoogleアカウントでログインして下さい。まずはGoogleアカウントを取得している必要があります。

ステップ②WEBサイトの登録

こちらに、追加したいサイトのドメインを入力し、「サイトを追加」をクリックしてください。

※トップページURLのhttp://を除いたものを入力します。

既にサーチコンソールに登録していて新規サイトを追加する場合

他のWEBサイトで既にサーチコンソールを設置されている場合はそのWEBサイトが表示されます。右上の「サイトを追加」ボタンをクリックすると、新たにサイトを追加することができます。

ステップ③WEBサイト所有権の確認

WEBサイト所有権の確認では、いくつか方法が有りますが、Googleが推奨しているのは、専用のHTMLファイルをサーバーにアップロードするやり方です。

「このHTML確認ファイル」というリンクをクリックして、専用のファイルをダウンロードします。ダウンロードしたファイルをサーバーのルート直下にアップロードします。

この作業が終わったら、アップロードしたファイルにブラウザでアクセスできることを確認し、「確認」をクリックします。

他にもGoogleアナリティクスと連携する方法やHTMLタグをトップページの<head>内に設置する方法などがあります。比較的、簡単に設定できるのはGoogleアナリティクスと連携する方法かと思います。ただし、Googleアナリティクスが正常に計測されている必要があります。