Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

株価はどうして動くのか?【初心者向け】( 2/2)

time 2017/12/16

株価はどうして動くのか?【初心者向け】( 2/2)

株価はどうして動くのか?【初心者向け】( 1/2)
の続きです。
株価はどうして動くのか?【初心者向け】( 1/2)はこちら

株価はどうして動くのか?【初心者向け】( 1/2)

sponsored link

短期的な株価の動向

上記で長期的には株価は企業業績に収斂すると記述しました。ここで疑問が生まれます。
上場企業の企業業績は4半期に一回、つまり、基本的には3ヶ月に1回しか業績は発表されません。市場が効率的であるならば、3ヶ月に一回しか株価は動かないのでは?と思われた方もいるのではないでしょうか。
もちろん、市場は完璧には効率的ではなく、行き過ぎがしょっちゅう起こります。この行き過ぎをオーバーシュートと呼びますが、このオーバーシュートがあるからこそ儲けの機会が生まれます。
そして、短期的にはこのオーバーシュートがある程度規則的におこると考えられています。このオーバーシュートを論理的に分析したものがテクニカル分析になります。
テクニカル指標には複数あり、例えば、

  • 一目均衡表
  • 移動平均線
  • RCI(Rank Correlation Index)
  • RSI(Relative Strength index)
  • MACD

などなど無数に存在します。
短期(分足レベル〜数ヶ月レベル)はこのテクニカルが比較的有効に動き、皆がこの指標を参考にしているからこそ、この通りに動くことがあるとさえ言われています。

まとめ

このように株価が動く理由の分析としては、ファンダメンタルズとテクニカルから説明をすることができます。
もちろん思惑買いや材料などで動くこともありますが、今回はファンダメンタルズとテクニカルの切り口から説明させてもらいました。
皆様のお力になれますと幸いです。

sponsored link

SEO対策




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link

最近の投稿




SEO対策