Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

ユーザーが読みやすい記事作成法!優良なコンテンツでSEO対策を

time 2017/12/17

ユーザーが読みやすい記事作成法!優良なコンテンツでSEO対策を

SEO対策において必須の内部コンテンツ。とくにメディア型のサイトを運営している方にとって記事作成は必須になってきます。

外部リンクを自然に集めるためには、このコンテンツの力が重要であり、そのコンテンツ(記事内容)は見ているユーザーの心理に響くコンテンツでなければいけません。

そこで今回はSEO対策で必須のユーザーが読みやすいコンテンツについて、記事作成についてご紹介していきます。

sponsored link

コンテンツの基本

コンテンツは基本、「文章」と「画像」の2つで構成されています。コンテンツを作る際にはまず文章のみで内容を考えてみます。1記事の文中で階層を作り、論理構造がしっかりとしたコンテンツを作成することで、情報が整理され、ユーザーが読みやすい、ユーザーにとって見やすいコンテンツになっていきます。

さらに、コンテンツが見やすいものとなるように、文中に画像やイラストを加えて相手の直感に働きかけるようにします。

文章と画像の特徴

  • 文章:論理的に理解しやすい
  • 写真(画像):直感的に理解しやすい
  • 図/イラスト:論理的かつ直感的に理解しやすい

文章と画像を上手に組み合わせてコンテンツを作成

同じ内容の文章でも配置や書き方次第で読みやすさは変わってきます。内容が素晴らしいコンテンツを作ったつもりでも、小さな文字でびっしり改行もなく、空白もなく、1万文字書かれていたら、よほどの読書家でもない限り、読む気が失せてしまいます。

良いコンテンツを良い見せ方で、ユーザーの満足度を高めましょう。

文章を読みやすいコンテンツにする方法

  • 文字の大きさは適切か?
  • 言葉遣い、文章の表現は読むターゲットに合わせた適切なものになっているか?
  • 文字のフォントや色は適切か?
  • 文書の強弱はあるか?(大きさや色、フォントは変える必要はないか?)

画像を見やすいコンテンツにする方法

  • 写真の大きさは適切か?
  • 写真の構図は適切か?
  • 写真の明るさやコントラストは適切か?

sponsored link

SEO対策




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link

最近の投稿




SEO対策