Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

格言「強気相場は、悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成長し、幸福の中で消えてゆく」

time 2017/12/25

格言「強気相場は、悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成長し、幸福の中で消えてゆく」

本日は、ビジネスにも通じる、ウォール街の相場格言をご紹介します。

「強気相場は、悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成長し、幸福の中で消えてゆく」

sponsored link

強気相場は、悲観の中に生まれる。

強気の相場の始まりは、大抵の場合、皆が悲観になり期待を失っている状態の時に生まれます。リーマンショック直後、誰もが金融市場は終わった。と悲観に覆われ、下げ止まりは終わったみたいだがまだ落ちてゆくのでは?と誰もが「買い」を入れるのを躊躇している時に強気相場は始まっています。

強気相場は、懐疑の中で育つ。

そして、強気相場は、「ようやく上がり始めたが、すぐに下がるだろう。」、「今強気に買いに向かうのは危険だ。」と誰しもが懐疑的に相場を見ている時にじわじわと上昇を始めます。

強気相場は、楽観の中で成長する。

相場がこれから上がるか懐疑的な状況を越え、さらに上昇を始めると、見ている投資家たちは、楽観的になり始めます。「ここまで上がってきたならさらに上昇するだろう。」、「もしかしたらここから大きくのびるのではないか。」と誰しもが株価が上昇していることを認識し、次から次えと買いが入ってくる段階で強気相場は成長します。

強気相場は、幸福の中で消えてゆく。

そして、多くの出遅れてきた人々が高値で買いに入る頃、悲観の段階で買った先行者の利益確定売りがぶつけられてゆきます。そそして、その売りと買いのバランスが崩れ、売りが多くなり始めると、皆一気に損切りに走り、多くの一般大衆の一時的な含み益で得た幸福が消え去る瞬間です。そして暴落が起こり、また悲観が生まれます。

このサイクルは絶えず繰り返され、短期的な目線から長期的な目線でも当てはまります。

sponsored link

SEO対策




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link

最近の投稿




SEO対策