Bulluck MEDIA

ブラックの中の人が発信するブログ

【起業家へ】目標を確実に達成する方法(2/2)

time 2018/01/04

【起業家へ】目標を確実に達成する方法(2/2)

【起業家へ】目標を確実に達成する方法(1/2)の続きです。
目標を達成するには目標に見合ったエネルギーが必要になりますが、以下の項目を明確にすることでより目標の達成に近づきやすくなります。

  1. 目的・目標を明確にすること
  2. 目的・目標のデッドラインを明確にすること
  3. その目的・目標を達するための方法論を調べ尽くすこと(重要)
  4. 優先順位を明確にすること
  5. 方法論を確実にゆっくり確実に実行し繰り返すこと(習慣化)
  6. 選択

【起業家へ】目標を確実に達成する方法(1/2)はこちら

【起業家へ】目標を確実に達成する方法(1/2)

sponsored link

5、方法論を確実にゆっくり確実に実行し繰り返すこと(習慣化)

ステップ5では上記で洗い出された方法論に優先順位がついている状態なので、あとは上位から確実に実行に移して行くだけのステップになります。
ここで、焦りは禁物です。確実な行動はゆっくりで良いのです。なぜゆっくりで良いかというと、全ての方法論を洗い出しているので、まず焦る必要がなく、確実に実行に移せることが目標達成の近道になるからです。
そして、ゆっくりとは言え、ここまでくれば迷いもブレもない状態になっているわけですから、実は結果的にはぶれている周囲よりも格段に速いことになります。
ステップ4で洗い出した方法論を全て実行し終えている頃には、大抵の場合目標は達成されています。

6、選択

基本的には1-5のステップを確実に行動に移して行くことで目標は達成されます。
しかし、各ステップ、行動に移している段階で新しい行動ベースの情報が入ってきます。そして、新しい情報が入ることで、目標や方法論にもブラッシュアップをかけられるようになります。必要に迫られた段階で速やかに可能な範囲で情報をそろえて、集まった限りの情報で良いので、それをベースにその場で再度PDCAを回し、決断即決を行います。
こうすることで、当初見えていなかった方法論や、全体像が見えてきた場合に随時修正をかけることで効率アップを測ることが可能となります。

また、後悔を恐れ踏みとどまってしまうタイプの人がいることも事実です。
しかし、後悔なんて実際はしない場合が多いです。仮に見えていないもっと良い方法があったとしても、実行したことで上手くいかない方法が一つ新たに見つかったと思えば良いと考えるべきです。どの道失敗はある程度積まないと目標は達成できませんので、後悔も学習と思い前へ進んだほうが良いと思います。

sponsored link

SEO対策




運営者

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人

Bulluckの中の人。マーケター。自社メディア運営の実績を元に、seo対策、web広告などのマーケティングから、経営、経済、投資について発信していきます。



sponsored link

最近の投稿




SEO対策